岸五郎から命名された「お福正宗」は、岸五郎の『飲むほどに、お客様にも、蔵人にも福が招かれるように』と言う気持ちにあるからなのです。品質の良い酒造りのためなら資金を厭わず、骨身を惜しまず、全身全霊を込めて取り組んだ酒を今もなお、継承しています。 お福酒造では、淡麗辛口の時代にあって、旨みの乗った豊潤な味を貫くことが基本であり、飲むほどに幸福感の味わえる酒、存在感のある酒の味わいを追求してきました。「醸造は、一つの活劇場なり、その千変万化、究極とするところなかるべし」これは、岸五郎の口癖であった言葉といわれます。当時は、冷却装置も無く、自然の気温や湿度を見極め、その都度修正して、酒を醸していた様子が伺える言葉です。 また詰口段階においても五郎の精神が受け継がれ、活性炭使用と濾過は最小限に留め、酒本来の味を大切にするということ、飲み飽きせず飲んだときに幸福感を味わえるよう、心地よい上品な甘みを残す酒質は、当時から不変のお福酒造の味わいです。


山古志 特別純米酒 棚田栽培米

復興した「山古志」の棚田米で仕込みました。特別純米酒山古志 棚田栽培米の旨味を生かした穏やかなコクがあり、上品ですっきりとした味わいです。棚田での稲作は機械が使えない場所も多く非常に手間がかかりその反面収穫量は平地に比べて少ないのが現状です。しかしそれでもお福酒造が山古志棚田産の米にこだわっているのは棚田には錦鯉の色を鮮やかにすると言われる程の清冽な沢の自然水が流れ込み、また春から夏にかけて朝晩の気温差が15℃という環境がしっかりとした稲を育み食べても酒にしても美味しい米を稔らせるからです。


お蔵元 産地 原料米 精米歩合 飲みごろ温度帯
お福酒造 新潟県長岡市 山古志地区棚田栽培米 60% 10~15℃(花冷)・35~40(ぬる燗)
日本酒度 酸度 アミノ酸度 酵母 アルコール度数 保存方法
+5.0 1.4 1.4 - 15.0% 冷暗所

¥1,404

  • 在庫あり
  • ※合計金額の他に、地域ごとの配送料金が加算されます。(旭川市内¥432)(北海道¥540) (東北¥972)(関東・信越¥1,080)(中部・北陸¥1,188) (関西¥1,404)(中国¥1,512)(四国¥1,620) (九州¥1,728)(沖縄¥2,052)

お福正宗 大吟醸 袋しぼり 720ml

通常は「ヤブタ」といわれる機械を使用するのですが、こちらのお酒は、鑑評会というお酒の審査会に出品するための技術である、「袋搾り」という非常に手間がかかる製法(ひとつひとつのお酒のもととなるもろみを袋に詰め、そこから流れ出るお酒を瓶詰めする)で絞った大吟醸です。そのため口当たりが非常に柔らかでマイルド。最後まで華やかで、やわらかい香りがあります。全国屈指の名杜氏、吉井民夫氏の技が光る一本を、桐箱にお入れしてお届け致します。

 

お蔵元 産地 原料米 精米歩合 飲みごろ温度帯
お福酒造 新潟県長岡市 新潟県産五百万石 50% 10~20℃(花冷~常温)
日本酒度 酸度 アミノ酸度 酵母 アルコール度数 保存方法
+5.0 1.3 1.2 - 15.0% 冷暗所

¥2,244

  • 完売致しました。誠に有難うございます。次回入荷に関しましては、お手数ですがお電話・メールにてお問い合わせ下さい。

●配送料について・・・各商品北海道内価格(税込540円)での送料設定とさせていただいております。その他地域のお客様の場合、ご注文画面の次点では正しく表示されませんのでご注意ください。ご迷惑をお掛け致しますが、詳しくはこちらをご覧頂きご理解のうえお買い求め下さいませ。

●クール便推奨商品・・・品質保持のためクール便にて発送いたします。別途クール代金(税込216円)が加算されます。なお、冬季間は著しい品質劣化は考えにくいためクール便のご指定がない限り通常便で発送いたします。

●ご注文の流れ・・・詳しくはこちらをご覧下さい。

●お問い合わせ・・・詳しくはこちらをご覧下さい。


平成27年(平成26酒造年度) 全国新酒鑑評会 金賞受賞

雪の茅舎 刈穂 手間隙 くどき上手 朝日山 麒麟山 大信州 七賢





地酒のまるしん商店  【店舗】 〒071-8143 北海道旭川市春光台3条4丁目1-13

【お問い合わせ先】TEL 0166-52-2157 / FAX  0166-53-1030 / E-Mail marushin@ivory.plala.or.jp

【営業時間】 9:00〜20:00  【定休日】毎週火曜日(12月最終週の火曜日は営業)

毎週火曜日はお休みを頂いております。定休日中のご注文に関しては翌営業日から発送の準備をさせていただきますので指定日発送ご希望の場合はご注意下さい。

※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※妊娠中、授乳期の飲酒は胎児の発育に影響する恐れがありますのでご注意ください。