三千櫻酒造 -michizakura-

上川郡東川町西2号北23 -明治10年(1877)創業-

酒は人と自然の絶妙な協働作業で生まれます。どちらか一方が強くても旨い酒はできません。だからこそ私たちがやるべきことは、基礎をひとつひとつ積み上げ、知り得る技術を全て出し切り、酒と真摯に向き合うことだけ。明治10年の創業以来、それだけを愚直に守り続けてきました。143年目にして酒造りの場を岐阜県中津川市から北海道東川町へと移しましたが、この酒造りの姿勢だけは決して変わることありません。先代からの教えの中に「酒造りも農業の担い手の一人である」というものがあります。日本酒にとって米は命。米の出来不出来によって、日本酒の味は大きく左右されてしまいます。中津川時代も、極力農薬を使わずに育てた地元の米を積極的に使って参りましたが、北海道屈指の米どころである東川町に移ってからは、その思いがよりいっそう強くなりました。良い米を育てるところから酒造りは始まる。その思いで、ひがしかわJA有志の皆さんと力を合わせ、『彗星』と『きたしずく』2種類の酒米の育成に尽力して参ります。東川にしかできない、そして私たちにしかできない酒米作りを目指します。



公設民営型とは

美味しい水と米があれば、美味しい日本酒も、と多くの人が思う中、残念ながら東川町には「地酒」がありませんでした。かねてから「東川町らしい日本酒」を作りたいと切望していたものの、いかんせん酒造りのノウハウがない。そこで2019年、ついに「公設民営型」という全国的にも珍しい形態での公募に踏み切り、そこへ名乗りをあげたのが三千櫻酒造でした。「公設民営型」とは、酒蔵としてのハードの部分は「公」である町が用意する。酒造りや蔵の運営などソフトの部分は、酒造りのプロである民間の酒蔵に一任する。そんなWin-Winの関係です。北の大地に酒造りの可能性を見出した老舗の酒蔵と、「東川町らしい酒を造りたい」と熱い想いを抱いた北海道東川町の出会いは、運命の糸が引き寄せた奇跡なのかもしれません。


三千櫻 定番酒 -Michizakura Regular-

※店頭との売り違いで在庫が無い場合もご注文できることが御座います。在庫状況に関してはお手数ですがお問合せ下さいませ。


三千櫻 限定酒 -Michizakura Limited-

※店頭との売り違いで在庫が無い場合もご注文できることが御座います。在庫状況に関してはお手数ですがお問合せ下さいませ。


地酒のまるしん商店  【店舗】 〒071-8143 北海道旭川市春光台3条4丁目1-13

【お問い合わせ先】TEL 0166-52-2157 / 【営業時間】 9:00〜20:00  【定休日】毎週火曜日(12月最終週の火曜日は営業)

毎週火曜日はお休みを頂いております。定休日中のご注文に関しては翌営業日から発送の準備をさせていただきますので指定日発送ご希望の場合はご注意下さい。


※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※妊娠中、授乳期の飲酒は胎児の発育に影響する恐れがありますのでご注意ください。